デロンギのコーヒーメーカーの全て|9つのポイントと簡単な選び方

Pexels / Pixabay

「デロンギのコーヒーメーカーは、デザインがいいのに故障が多い」

こんなことを聞いたことはないでしょうか。

実は、デロンギのコーヒーメーカーには、
故障や水漏れという弱点があるのです。

それを知らずに購入すれば、
当然がっかりしてしまいますし、
お金も無駄になって腹が立ってしまいます。

では、デロンギのコーヒーメーカーは、
購入をやめたほうが良いのかといえば、
そうでもありません。

正しいコーヒーメーカーの選び方を知れば、
誰でもお気に入りの1台を見つけることができます。

さらに、たとえデザイン重視で選んで故障したとしても、
無料で修理できる安心なサービスの使い方もあります。

今回は、こうしたメリットやデメリットを
9つにまとめてご紹介しますので、
ぜひ参考にしてください。

 

 

1.デロンギのコーヒーメーカー選びに失敗しない9つのポイント

コーヒーメーカー選びは誰もが迷うものです。

なぜなら、それぞれにメリットや、
デメリットがあるからです。

これは、デロンギのコーヒーメーカーでも同じです。

例えば、デザインは気に入っているのに、
インターネットの口コミを見ると、
故障が多いと書いてあれば購入に迷ってしまうと思います。

そこで、ここからは、
デロンギのコーヒーメーカー選びに役立つ、
以下の9つのポイントをお伝えします。

①使い方に合わせた機種の選び方
②デロンギのコーヒーメーカーの特徴
③「デロンギ×スタバ」限定コーヒーメーカー
④エコで経済的なペーパーフィルターを採用
⑤アフターパーツ(交換部品、消耗品)も充実
⑥説明書で詳しい使い方を事前にチェック
⑦故障(水漏れ)の口コミが多いコーヒーメーカーに注意!
⑧メーカー保証を使って無料で修理をしてもらう方法
⑨デロンギのコーヒーメーカーの簡単な選び方

これで、デロンギのコーヒーメーカー選びに迷うことがなくなるでしょう。

それでは、順番に詳しくみていきましょう。

 

 

 

2. 使い方に合わせた機種の選び方

デロンギのコーヒー機器には、
コーヒーメーカー以外にも、
全自動コーヒーマシンと、
エスプレッソメーカーがあります。

それぞれ使い方が異なり、
コーヒーメーカーはレギュラーコーヒー(一般的なコーヒー)、
全自動コーヒーマシンやエスプレッソメーカーは、
主にエスプレッソを淹れるためのものです。

このような3種類に分かれているため、
コーヒーメーカーを探す時には注意が必要です。

たとえば、インターネットを使って、
「デロンギ コーヒーメーカー」と検索すると、
この3つのタイプが区別されずに表示されることがあります。

しかし、それぞれの使い方だけではなく、
価格も大きく異なります。

もし、全自動コーヒーマシンが検索されると、
安くても8万円、高いものだと20万円以上もするため、
きっと驚いてしまうでしょう。

コーヒーメーカーを探している方は、
粉を投入するだけで、
自動的にドリップされたコーヒーが出てくるものを、
イメージしているからです。

まさか20万円もするとは思っていないでしょう。

こうした失敗をしないためには、
「デロンギ ドリップコーヒーメーカー」と検索することです。

「ドリップ」と付け足すのがポイントです。

もしくは、デロンギのホームページから、
「製品情報>ドリップコーヒーメーカー」の順にクリックしていくと、
見つけることができます。

デロンギホームページ:http://www.delonghi.co.jp/

※パソコンの方

1

 

※スマートフォンの方

1
※今回の記事では、コーヒーメーカーと表記しているものは、こちらの「ドリップコーヒーメーカー」のことを指していますのでご注意ください。

 

 

 

3.デロンギのコーヒーメーカーの特徴

一般的に、コーヒーメーカーには、
2種類のタイプがあります。

一つ目は、挽いたコーヒー豆を投入するタイプです。

粉を入れればボタン一つで、
コーヒーの抽出(ドリップ)を行なってくれます。

こちらのタイプは、
あらかじめ挽いた豆を用意する必要があります。

もう一つは、コーヒーミルがついているものです。

つまり、豆を挽くところからコーヒーの抽出まで、
1台で自動的に行ってくれるものです。

デロンギのコーヒーメーカーの場合には、
1つ目のタイプになります。

つまり、ドリップを行ってくれる器械ということです。

同時に豆を挽くことはできません。

そのため、お店で挽いた豆を買って来るか、
自宅で豆を挽く必要があります。

挽きたてコーヒーを自宅でも味わいたいという方は、
コーヒーメーカーと合わせて、
コーヒーミルも用意しましょう。

デロンギのコーヒーミルについては、
こちらの記事で詳しくお伝えしていますので、
チェックしてみましょう。

デロンギのコーヒーミルの魅力全種類を徹底比較
http://perfect-coffee.info/delonghi-coffee-mill

 

 

 

4.「デロンギ×スタバ」限定コーヒーメーカー

デロンギの特徴として、
あのスターバックスとコラボしている
コーヒーメーカーがあります。

また、コーヒー豆を挽くためのコーヒーミルや、
エスプレッソメーカーも、
デロンギ製品を取り扱っています。

1

 

デロンギ「ドリップコーヒーメーカーCMB6-EG

1出典:スターバックス http://www.starbucks.co.jp/

メーカー:デロンギ×スターバックス
型番:CMB6-EG
本体価格:16,670円
本体サイズ(mm):170×260×295
重量:3,000g
最大6杯まで抽出可能

こちらがデロンギとスターバックスのコラボした、
コーヒーメーカーになります。

スタバということだけあって、
世界的なデザイン賞を受賞している、
Derren Mullen氏がデザインをしている点も注目です。

コーヒーメーカーの中には、
いかにも電化製品といったデザインのものがありますが、
見た目やインテリアとの相性も考える方にとっては、
うれしいモデルとなっています。

また、スタバ好きの方は、
ぜひお店で実際にチェックしてみましょう。

こちらは、スタバ限定で購入することができます。

もちろん、コーヒーメーカーとしての機能も考えられており、
特に、エルフォ社製ゴールドフィルターは、
スターバックス限定モデルのみに採用されています。

1
出典:デロンギ http://www.delonghi.co.jp/

このフィルターを使うことによって、
次のようなメリットがあります。

23.8金コーティングのゴールドフィルター付。コーヒー本来の味と香りをお楽しみいただけます。洗ってくり返し使えるため、環境にやさしく、経済的にも優れています。
引用:デロンギ http://www.delonghi.co.jp/

デザインだけではなく、
きちんとコーヒーを楽しむための性能も備えていることがわかります。

 

 

 

5.エコで経済的なペーパーフィルターを採用

1
出典:デロンギ http://www.delonghi.co.jp/

デロンギには、6種類のコーヒーメーカーがありますが、
その全てにペーパーレスフィルターを採用しています。

今までコーヒーをドリップする時には、
ペーパーフィルターを使っていた方が多いと思いますが、
毎回使い捨てとなってしまうため、
ゴミが出たり、費用がかかってしまいます。

しかし、このペーパーレスフィルターなら繰り返し使えるため、
環境にもお財布にも優しくなっています。

また、コーヒー豆本来の香りを逃さないという特徴もあります。

デロンギのコーヒーメーカーの中には、
特別な加工をしたペーパーレスフィルターを、
採用しているタイプもあります。

例えば、CMI011J-CPには、
チタンコートフィールターを採用することで、
コーヒーの油分を逃さず、
より本来の味わいを楽しめるようになっています。

また、先ほどご紹介した、
スターバックス限定のCMB6-EGは、
23.8金でコーティングされた、
エルフォ社製ゴールドフィルターを採用することで、
コーヒー豆本来の風味や香りを追求しています。

 

 

 

6.アフターパーツ(交換部品、消耗品)も充実

デロンギは、交換部品や消耗品、
オプション品の取り扱いも豊富です。

お気に入りのコーヒーメーカーなら、
長く使っているとどうしても傷んできますし、
ガラスやプラスチック部分が割れたりしてしまうこともあります。

新しいものに買い換えるのは、
余計な出費になってしまいますし、
長く使っていれば愛着も湧いてきます。

そんな時に、部品だけ購入できるのは安心で経済的です。

例えば、汚れやすいペーパーレスフィルターも、
低価格で交換することができます。

1
出典:デロンギ http://www.delonghi.co.jp/

CM200J-WH用ペーパーレスフィルター/本体価格500円

また、落として割れてしまうことのあるガラスジャグもあります。

1
出典:デロンギ http://www.delonghi.co.jp/

ICM14011J用ガラスジャグ/本体価格2,000円

購入前に、交換部品や消耗品の扱いがあるのか、
一度チェックしてみてもいいですね。

デロンギ公式オンラインショップの
ホームページから探すことができます。

トップページのメニューから、
「消耗品オプション」を見つけてクリックしましょう。

デロンギ公式オンラインショップ:http://shop-casa-delonghi.com/

※パソコンの方

1

 

※スマートフォンの方

1

 

 

7.説明書で詳しい使い方を事前にチェック

特に、初めて購入を考えている方は、
コーヒーメーカーはどのように使うのか、
他に必要なものがあるのかなど、
詳しい使い方を心配される方もいらっしゃると思います。

そんな方は、コーヒーメーカーの取扱説明書を、
事前にチェックすることをおすすめします。

デロンギの場合には、
ホームページから誰でも簡単に見ることができます。

ここで事前に確認しておけば、
購入してからすぐに使うこともできますし、
コーヒーメーカー選びの参考にもなります。

すべてのコーヒーメーカーについて確認できますので、
ぜひチェックしてみてください。

その確認方法もとても簡単です。

デロンギのホームページから、
チェックしたいコーヒーメーカー(デロンギの場合には、ドリップコーヒーメーカーと記載されている)を選択して、
商品画像の下にある「取扱説明書」をクリックするだけです。

※パソコンの方

1

 

※スマートフォンの方

1

 

 

8.故障(水漏れ)の口コミが多いコーヒーメーカーに注意!

最近は、インターネット通販で、
買い物をすることが増えました。

自宅まで配達してくれるので、
毎日忙しい方でも便利ですし、
実店舗よりも価格が安いこともよくあります。

特に、アマゾンや楽天を利用する方が多いのではないでしょうか。

これらを利用する時には、
もちろん商品の情報もチェックしますが、
それ以上に気になるのが、
口コミやレビューではないでしょうか。

悪い口コミばかりの商品はなるべく買わないでしょうし、
人気の高いものは安心して購入できると思います。

インターネット通販が当たり前になった現代において、
口コミというのは欠かすことのできないチェックポイントになっています。

では、デロンギのコーヒーメーカーに関する口コミには、
どのようなものがあるのでしょうか。

アマゾンのレビューを調べて見ると、
全体的にいい評価で星の数も多くなっているのですが、
中には注意したい内容もありました。

例えば、水漏れや故障についてのレビューです。

もし、このようなレビューが多ければ、
安心して購入することができませんよね。

ただ、正直に言って、
すべてのレビューに目を通すのは面倒だと思います。

そこで、あなたに代わって、
各商品のレビューを調べたものをご紹介しますので、
ぜひ参考にしてください。

 

8-1.ICM14011Jの口コミ

1
出典:デロンギ http://www.delonghi.co.jp/

型番:ICM14011J
カラー:レッド、ブラック、ホワイト
本体価格:5,524円

【評価の高い口コミ】

・使いやすいし、毎日のコーヒータイムがとても楽しみになっています。
・デザインと価格に惹かれて購入しました。
・決して安っぽくなく、所有感を満たしてくれます。
・コストパフォーマンスは抜群です。
・アロマ機能もあり、値段のわりにお得でした。
引用:アマゾン

【評価の低い口コミ】

・コツをつかむまで数回失敗をしました。
・使い始めは、プラスチックの匂いが有り不快でしたが、使用するにつれ気にならなくなりました。
・繰り返し使えるフィルターが付属していますが、洗うのが面倒なので、結局使い捨てのフィルターを使っています。
・ドリップ前と後のブザーがうるさい
引用:アマゾン

ICM14022Jの魅力は、
何よりもコストパフォーマンスに優れていることだとわかります。

定価では5,000円以上ですが、
アマゾンなどを利用すれば4,000円台で購入できます。

また、口コミの中にもあった「アロマ機能」ですが、
本体に設置されたアロマボタンを押すことによって、
本格的なハンドドリップに近い淹れ方が可能になります。

つまり、コーヒー本来の風味や香りを損なわずに、
おいしいコーヒーを楽しむことができます。

このように、安いだけでなく、機能も優れているため、
コストパフォーマンスがいいとされています。

また、評価の低い口コミには、
主に使用方法のことが挙げられていましたが、
使い方に注意する事で解消できる問題です。

デロンギのコーヒーメーカーの中でも、
おすすめの1台です。

 

8-2.CM200Jの口コミ

1
出典:デロンギ http://www.delonghi.co.jp/

型番:CM200J
本体価格:4,743円

【評価の高い口コミ】

・1人暮らしの狭いキッチンには最適な大きさ。
・コンパクトで夫婦二人分を淹れるには、ちょうどよい容量でした。
・場所をとらず、デザインが気に入りました。
引用:アマゾン

【評価の低い口コミ】

・樹脂の様な化学物質臭が消えません。
・MAXで3人前かな。
引用:アマゾン

口コミからもわかるように、
CM200Jの魅力は、
コンパクトなデザインと手軽さにあります。

一人暮らしの方や、
夫婦2人分のコーヒーをドリップするには、
ちょうど良いサイズになっています。

コーヒーメーカーは、
カラーがブラックのものが多い中。
ホワイトカラーというのも評価されていました。

ただ、一つ気になるのは、
化学物質臭、プラスチック臭がするという口コミが、
いくつかあった事です。

コーヒーはその香りや風味が重要ですので、
これはマイナスポイントです。

本格的にコーヒーを楽しみたいというよりも、
手間のかかるドリップを、
自動でやってくれる手軽なものが欲しいという方、
そして、少人数(1〜2杯分)で良いという方には、
おすすめのコーヒーメーカーだと言えそうです。

また、アマゾンでの実売価格は、
2,000円台となっているため(2017年7月現在)、
手軽さで考えるなら、
こちらのコーヒーメーカーがいいでしょう。

 

8-3.CMB6の口コミ

1
出典:デロンギ http://www.delonghi.co.jp/

型番:CMB6
カラー:レッド、ブラック、ホワイト、ブルー、グリーン、マゼンタ、オレンジ、イエロー
参考価格:19,440円

【評価の高い口コミ】

・すごくスタイリッシュで喫茶店にあるようなコーヒーメーカーでした。
・価格もお手頃、手入れも簡単、オマケにスタイリッシュで文句なし。
・国産にないデザインに一目ぼれ。
引用:アマゾン

【評価の低い口コミ】

・一定の期間が経過すると、内部のチューブが破損します。
・1年以上で水漏れする。
・何度も水漏れ、1年で故障
引用:アマゾン

CMB6の魅力は、
何と言ってもそのデザインにあります。

口コミからもわかるように、
多くの方がこのデザインに惹かれて選んでいます。

先ほどご紹介したデロンギとスタバのコラボ商品も、
こちらのタイプと基本的な構造は同じです。

ただ注意したいことは、
水漏れや故障の口コミも多くみられることです。

いくらデザインが良くても、
故障や水漏れをするようでは、
安心して購入することができませんよね。

このようなこともあってか、
現在デロンギの公式オンラインショップでは、
こちらのタイプは販売されていません。

それでも、このデザインが良いという方には、
万が一故障しても安心できるサービスをこの後ご紹介しますので、
ぜひ確認してください。

 

8-4.CMB5Tの口コミ

1
出典:デロンギ http://www.delonghi.co.jp/

型番:CMB5T
カラー:レッド、ブラック、ホワイト
参考価格:20,000円

【評価の高い口コミ】

・ドリップが終わると自動的に電源が切れるため、以前のモデルより安全です。
・保温ポットなので温め過ぎで酸化しない。
・長時間熱いコーヒーを飲めます。
引用:アマゾン

【評価の低い口コミ】

・隙間や取っ手の先からコーヒーがもれてきます。
引用:アマゾン

CMB5Tと、先ほどご紹介したCMB6との大きな違いは、
ジャグ(ポット)にあります。

CMB6はガラス製ですが、
CMB5Tは2重構造のステンレス・サーマルを採用しています。

つまり、魔法瓶のような構造になっているため、
保温機能にすぐれています。

こちらは、デロンギの公式オンラインショップでも販売されています。

ただ、CMB6と同じように、
お湯やコーヒーが漏れるという不具合もあるようですので、
注意が必要です。

 

8-5.CM300Jの口コミ

1
出典:デロンギ http://www.delonghi.co.jp/

型番:CM300J—WH
参考価格:12,000円

【評価の高い口コミ】

・見た目のシンプルさはキッチンでも浮きにくく、オシャレ。
・水の投入や粉のセットもストレスなし。
・コンパクトで場所をとらない。
・抽出も早くて、時間のない朝には本当に助かります。
引用:アマゾン

【評価の低い口コミ】

・時々受け口の位置がずれて外にコーヒーが盛れていることがあります。
・ポットの蓋がはずれず洗うときに不便
引用:アマゾン

CMB6よりも、
シンプルなデザインになっているのが、
こちらのCM300J—WHです。

口コミをみてもわかるように、
シンプルでコンパクトでありながら、
コーヒーの抽出時間も早いという高い評価があります。

ただ、使い方にはちょっとしたコツがあり、
ジャグ(抽出したコーヒーを受けるポットのこと)をきちんとセットしないと、コーヒーが溢れてしまったり、
蓋が取れないため、
洗うのに手間がかかるというデメリットがあります。

この少しの手間が気にならず、
デザインが魅力的に感じる方にはおすすめです。

 

 

 

9.メーカー保証を使って無料で修理をしてもらう方法

デロンギのコーヒーメーカーを見ていると、
水漏れや故障という口コミがどうしても気になってしまいます。

特に、デロンギ製品を選ぶ方は、
そのおしゃれなデザインに魅力を感じる方が多くいらっしゃるので、
デザインは良いけど故障が心配という悩みが出てきます。

そこで、ぜひ知っておいていただきたいのは、
1年間のメーカー保証があるということです。

保証期間中の故障については、
無料で修理が可能です。

もちろん、使用方法を守った上でのものになりますが、
購入を迷われている方にとっては心強いのではないでしょうか。

ちなみに、保証書は取扱説明書の最後についています。

こうした保証を受けるための注意事項がありますので、
以下のポイントもよく確認してくださいね。

特にインターネット通販で購入する場合には要チェックです。

メーカーに無償修理を求めるには、その証明となる保証書の提示や、購入日が保証期間内であると証明できるものが必要になります。
(中略)
保証書に購入日の記載が無くても、メーカー側では製品についているシリアル番号や製造番号から製造日を特定し、保証期間内であるか確認する場合が考えられます。贈答品などで、購入年月日が不明である場合はその事をメーカーに伝え、相談してみましょう。また、自身が使用するため販売店などで購入したケースでも、保証期間がいつまでか分からないと不安です。メーカーに問い合わせるとともに、購入した日と販売店が分かるレシートなどを一緒に保管するとよいでしょう。
引用:国民生活センター http://www.kokusen.go.jp/t_box/data/t_box-faq_qa2011_47.html

 

 

 

10.デロンギのコーヒーメーカーの簡単な選び方まとめ

今回は、デロンギのコーヒーメーカーを
選ぶときのポイントについてお伝えしてきました。

その内容をまとめると、
次の2種類のコーヒーメーカーがおすすめです。

・ICM14011J
・CMB6

一つ目のICM14011Jは、
口コミを調べても、
もっともコストパフォーマンスの良いものとなっています。

本体価格が5,000円台となっていますが、
インターネット通販を利用すれば、
4,000円台での購入も可能です。

また、コーヒーの風味や香りを引き出すためのアロマボタンを利用すれば、
本格ドリップコーヒーのような、
美味しいコーヒーを楽しむことができます。

二つ目のCMB6は、
何と言ってもそのデザインが人気の1台となっています。

もちろん、コーヒーを淹れる性能も悪くないのですが、
一つ問題点があります。

それは、水漏れや故障の口コミが多いといことです。

このような評価の低い口コミをみてしまうと、
いくらデザインが気に入ったとしても、
購入をためらってしまうと思います。

ただ、購入後1年間の保証がついていますので、
こちらをうまく利用することで、
安心して購入することができるのではないでしょうか。

保証を受けるためのポイントもご紹介しましたので、
合わせて確認してください。

ぜひ、デロンギのコーヒーメーカーを検討している方は、
今回の記事を参考にしていただき、
後悔のない1台を手にいれてくださいね。

 

 


あわせて読みたい


初心者でも違いがわかるドリップコーヒーのおいしい入れ方とは?

コーヒーと軽食が楽しめるタリーズのおすすめメニュー

コーヒーミル電動式はこう選ぶタイプ別おすすめTOP3

コーヒーミルの失敗しない選び方|カット式のメリット・デメリット

アラビアのコーヒーカップの魅力|世界的デザイナーが手がける傑作

ニトリのコーヒーカップはお値段以上?!IKEA、無印と比較した結果

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA