コーヒーミルの選び方|「カリタ」は信頼・デザイン・品質で人気

2527_1_expand

挽きたてコーヒーを味わうためには、
コーヒーミルが必要になります。

しかし、様々な種類や性能があったり、
似ているものがたくさんあるので、
どれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。

各メーカーを比較していくと、
余計に混乱してしまうことさえあります。

そんなときには、
そのメーカーやコーヒーミルの
「特徴」を基準に選んでみましょう。

なぜなら、同じような性能や価格でも、
特徴は異なっているからです。

例えば、高機能で低価格なコーヒーミルでも、
デザインが気に入らないこともありますし、
性能は良さそうだけど、
海外メーカーだから不安だということもあります。

そんな時に、コーヒーミルの特徴を見れば、
迷わずに選ぶことができます。

カリタのコーヒーミルの場合には、
次の3つの特徴があります。

・安心、信頼の日本メーカー
・コーヒータイムを演出するデザイン
・プロ級の機能性

今回は、それぞれの特徴について、
詳しくお伝えしていきますので
コーヒーミル選びに迷った時には、
ぜひ参考にしてください。

 

1.カリタとは

カリタKalitaとは、
コーヒー機器総合メーカーのことで、
日本の横浜に本社を持っています。

横浜以外にも、
札幌、大阪、名古屋、福岡に営業所を持っており、
コーヒー好きなら知らない人はいないほどの知名度です。

その中でもコーヒーミルには人気があり、
手動と電動のものを合わせると、
その数は40種類にもなります。2017年7月現在

 

 

 

2.コーヒーミル選びに失敗しない5つのポイント

知名度も高く、種類も豊富なカリタのコーヒーミルですが、
一つ問題があります。

それは、自分にぴったりの
コーヒーミルを探すのが大変なことです。

一つ一つのコーヒーミルの性能や、
価格を見比べるだけでも大変ですし、
インターネットの口コミを調べても、
メリットもデメリットも出てくるので、
結局どれがいいのかわからないからです。

これは、カリタのコーヒーミルに限ったことではなく、
コーヒーミルを選ぶ時に、
誰もが悩んでしまうことです。

しかし、コーヒーミルはきちんと選ばないと、
買ってはみたけど、
結局使わないなんてことにもなりかねません。

そこで、コーヒーミル選びに失敗しないための、
大切な5つのポイントがあります。

・電動か手動か
・粒度の調整豆を挽く性能
・使い方が簡単
・デザイン
・価格

このポイントを抑えながら、
それぞれのコーヒーミルをチェックしていくことで、
あなたにぴったりのコーヒーミルが見つかります。

 

 

 

3.カリタのコーヒーミルの選び方

カリタのコーヒーミルは人気があるので、
どのコーヒーミルを選んでも、
大きく失敗することはないでしょう。

しかし、カリタ以外にも、
コーヒーミルを販売しているメーカーはありますし、
同じような性能や価格のものがいくつもあります。

もしかしたら、各コーヒーミルを調べれば調べるほど、
迷ってしまう方もいるかもしれません。

そんなときには、
そのメーカーやコーヒーミルにしかない「特徴」について注目すると、
コーヒーミル選びに迷わなくなります。

例えば、服を選ぶ時もそうです。

ユニクロでも、高級ブランドでも、
同じシャツを買うことはできます。

しかし、何倍ものお金を払って、
高級ブランドのシャツを買う方もいるでしょう。

なぜなら、高級ブランドにしかないデザインや、
ネームバリューといった特徴があるからです。

ユニクロを選んだときには、
低価格という特徴があります。

同じ車でも、トヨタを選ぶ人もいれば、
ベンツを選ぶ人もいます。

それは、そのメーカーや、
ブランドにしかない特徴があるからです。

コーヒーミル選びに迷った時も、
それぞれのコーヒーミルの特徴について注目すると、
お気に入りのコーヒーミルを見つけることができます。

カリタのコーヒーミルを選ぶ時にも同じです。

カリタのコーヒーミルには、
次の3つの特徴があります。

・安心、信頼の日本メーカー
・コーヒータイムを演出するデザイン
・プロ級の機能性

それぞれの特徴を確認して、
あなたに必要なコーヒーミルを見つけていきましょう。

 

 

 

4.特徴①安心、信頼の日本メーカー

カリタの1つ目の特徴は、
日本メーカーだということです。

コーヒーミルは、
世界中のメーカーから販売されていますが、
安心や信頼感は日本のメーカーの方が、
勝るのではないでしょうか。

日本の工業製品、特に家電製品は、
その品質や精度、耐久性などが、
高く評価され続けてきました。

そのため、日本のメーカーが安心だと感じる方は多いはずです。

たとえ、生産は海外で行なっていたとしてもです。

海外メーカーが悪いということではありませんが、
日本メーカーに安心や信頼を感じる方は、
カリタのコーヒーミルを選んでもいいのではないでしょうか。

また、購入後のアフターフォローや、
カスタマーサービスについても、
日本メーカーなら安心ですよね。

※カリタ製品の全てが、メイドインジャパンだということではありませんので、ご注意ください。

 

 

 

5.特徴②コーヒータイムを演出するデザイン

2つ目の特徴は、
カリタの手動コーヒーミルは、
デザインが非常におしゃれだということです。

コーヒーミルの魅力は、何と言っても、
挽きたてコーヒーの風味や香りが堪能できることですが、
そこまでコーヒーにこだわる方は、
コーヒータイムの「雰囲気」も大切にしていると思います。

例えば、カフェのように、
おしゃれなインテリアを揃えていたり、
クラシック音楽を流したりしながら、
コーヒーを飲む空間まで楽しんでいるのではないでしょうか。

また、そんなコーヒータイムを望んでいる方もいるでしょう。

平日の忙しい毎日から解放されて、
休日にはゆったりとコーヒーを楽しみたいですよね。

そんな場合には、
コーヒーミル本体のデザインも気になるはずです。

カリタの手動コーヒーミルなら、
デザインにこだわったものが数多くありますので、
お気に入りのコーヒーミルが見つかります。

では、そんなおしゃれなコーヒーミルをご紹介します。

ぜひ、他にはないデザインをチェックしてください。

 

5-1.KH-3

図1
出典カリタ http://www.kalita.co.jp/

定価税込4,104円
最大容量35gおよそ2〜3杯分
使用歯硬質鋳鉄性臼歯
サイズ高さ210mm
重量610g

KH-3には、上の写真のような基本カラーの他にも、
6つのカラーバリエーションがあります。

図1
左ナチュラル  右アーミィグリーン
図1
左スモーキーブルー 右グリーン
図1
左ピンク   右イエロー

 

5-2.クラシックミル

図1
出典カリタ http://www.kalita.co.jp/

定価税込6,480円
最大容量40gおよそ3〜4杯分
使用歯硬質鋳鉄性臼歯
サイズ高さ190mm
重量1,250g

 

5-3.ダイヤミルN

図1

図1
出典カリタ http://www.kalita.co.jp/

定価税込27,000円
最大容量50gおよそ3〜5杯分
使用歯硬質鋳鉄性臼歯
カラーブラック、レッド
サイズ約174×180×245mm
重量3,700g

 

5-4.ドームミル

図1
出典カリタ http://www.kalita.co.jp/

定価税込5,184円
最大容量25gおよそ2杯分
使用歯硬質鋳鉄性臼歯
サイズ高さ160mm
重量870g

 

5-5.桐モダン壱

図1
出典カリタ http://www.kalita.co.jp/

定価税込37,800円
最大容量35gおよそ2〜3杯分
サイズ高さ220mm
重量1,620g

 

5-6.桐モダン弐

図1

出典カリタ http://www.kalita.co.jp/

定価税込48,600円
最大容量35gおよそ2〜3杯分
サイズ高さ318mm
重量1,970g

 

5-7.MokuNejiCOFFEE MILLモクネジコーヒーミル

図1
出典MokuNeji http://www.mokuneji.com/index.html

 

図1
出典MokuNeji http://www.mokuneji.com/index.html

定価税込48,600円
最大容量30gおよそ2〜3杯分
サイズ高さ258mm
重量760g

 

 

 

6.特徴③日本製のプロ級電動コーヒーミル

日本のコーヒー機器メーカーであるカリタは、
次のような思いから、
メイドインジャパンにもこだわっています。

KalitaがMade in Japanにこだわる最大の理由。
それは、卓越した品質、精度、機能性、造形美にあります。
引用カリタ http://www.kalita.co.jp/

こうした思いから誕生した、
ハイクオリティな日本製のコーヒーミルがあります。

それは、プロにも使用されている性能をそのままに、
手軽に自宅でも使えるサイズにしたという、
他にはない特徴です。

クオリティを追求した結果、
価格は高くなってしまいますが、
コーヒーにこだわりたい方にとっては、
価格以上の価値があるコーヒーミルとなっています。

 

6-1.ナイスカットミル

 

図1
出典アマゾン https://www.amazon.co.jp/

プロが使う業務用のコーヒーミルを、
そのまま家庭でも使えるサイズにしたのが、
このナイスカットミルです。

豆を挽く精度から、メンテナンスのしやすさまで、
どれをとっても、
他のコーヒーミルの追従を許さないほどの人気がありました。

また、その外観もレトロな雰囲気があり、
自宅にいながら、まるでコーヒーショップにいるような
感覚にさせてくれました。

しかし、2016年に廃盤となってしまい、
現在は生産されていません。

ナイスカットミルを愛用していた人も、
これから手に入れようとしていた人も、
ショックを隠せませんでした。

しかし、2017年、待望の後継機が誕生しました。

それが「ナイスカットG」です。

 

6-2.ナイスカットG

図1
出典カリタ http://www.kalita.co.jp/

定価オープンプライス実売価格約26,000円〜40,000円
最大容量100g/分
サイズ120×218×337mm
重量3,000g

絶大な人気を誇ったナイスカットミルの後継機が、
このナイスカットGです。

ナイスカットミルの性能がさらに改良されているので、
価格よりも、コーヒーミルの性能で選ぶ方には、
こちらがおすすめです。

 

 

 

7.まとめ

コーヒーミル選びに迷ったら、
性能や価格を比較することも重要ですが、
そのコーヒーミルにしかない、
「特徴」にも目を向けてみましょう。

コーヒーミル選びの決め手になることがあります。

カリタのコーヒーミルの場合には、
次の3つの特徴があります。

・安心、信頼の日本メーカー
・コーヒータイムを演出するデザイン
・日本製のプロ級電動コーヒーミル

コーヒーミルは、
世界各国のメーカーから販売されていますが、
品質や信頼性で選ぶなら、
日本メーカーが安心だと考えている方にも、
おすすめできるのがカリタです。

また、挽きたての風味や香りだけでなく、
そのゆったりと落ち着いた空間までが、
コーヒーの楽しみだという方にとっても、
雰囲気を演出してくれるおしゃれな手動コーヒーミルがあります。

そして、とことんコーヒーにこだわりたいという方にとっては、
プロが求める性能をそのままに、
家庭用のサイズに改良した電動コーヒーミルの
「ナイスカットG」があります。

メイドインジャパンの品質、精度、機能性から、
名機と言われるほどのものです。

コーヒーミル選びに迷ったときには、
今回の記事を参考にしていただき、
あなたの理想のコーヒーミルを手に入れてください。

そして、挽きたてコーヒーを堪能してくださいね。

 

 

 

 


あわせて読みたい


デロンギのコーヒーミルの魅力全種類を徹底比較

コーヒーはビタミンCを破壊する?コーヒーはビタミン泥棒

コーヒーミルの選び方|キャンプにおすすめな便利道具まとめ

お湯を入れて待つだけ簡単!おしゃれなフレンチプレスのおいしいコーヒーの作り方

まるで魔法?コーヒーシミ取り法を9つのシーン別で詳しく紹介

自分で育てたい!元気なコーヒーの木を栽培する方法

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA