コロンビアコーヒー、エメラルドマウンテン現地物語

01

昼のまぶしい太陽光を苦手とし、
夜の薄明るい月光で浄化されるという、
神秘的な美しさを持つエメラルド…。
その美しさは世界四大宝石の一つ、として有名です。

そしてコロンビアは、
そのエメラルドの主な産出国です。

コロンビアには南北に走るアンデス山脈があります。
縦に長いアンデス山脈は、地域ごとで地形も気候も違うため、
一年を通してユニークな味のコーヒーを作り出す、
コーヒー生産地がたくさん存在しています。

コロンビアで取れる宝石エメラルドと、
コーヒー生産地のアンデス山脈からちなんで、
コーヒーの宝石、「エメラルドマウンテン」が誕生しました。

宝石エメラルドと同様、
エメラルドマウンテンは高級なコーヒーであり、
その高貴な味わいは日本でも多くの人から愛飲されています。

ところがそんなコーヒーの宝石、エメラルドマウンテンには、
私たちが知らなかったコーヒー生産地の物語がありました。

当サイトでは、
FNC(コロンビアコーヒー生産連合会)での、
コーヒーインタビューから得た、
エメラルドマウンテンについての貴重で興味深い内容を、
記事にして伝えていきます。ぜひ最後までお読み下さい…。

 

目次

  1. コロンビア式、豆のランク付け
  2. コロンビアの宝石、コーヒーエメラルドマウンテン
  3. エメラルドマウンテンの存在すら知らない現地物語
  4. 日本の私たちへメッセージ
  5. まとめ

 

1. コロンビア式、豆のサイズ分別

コロンビアには「コロンビア式」の生豆のサイズ分別があります。
コロンビアでは、
・スクリーンサイズ16以上
・ピーベリー(カラコル)
だけが、スペシャリティーコーヒーとして分類されます。

サイズ別に分類されたコーヒー生豆は「エクセルソ」の名称が付き、
生豆の大きさによって、エクセルソの下に続く名称が変わってきます。

名称 スクリーンサイズ
エクセル ソプレミアム 18
エクセルソ スプレモ 17
エクセルソ ヨーロッパ 15
エクセルソ UGQ 15(全体の50%以上)
14(残り)
エクセルソ マラゴジッペ 17
エクセルソ カラコル 12

実際のコロンビアコーヒーの生豆を使って、
サイズ分別をして頂いたものがこちらです。

02

 

 

 

 

 

 

 

 

こうして一旦、豆のサイズ分別をした後に、
FNCでは更に「産地」「国際認証」の有無などにより、
付加価値のあるコーヒーを認定しています。

 

 

 

2. コロンビアの宝石、コーヒーエメラルドマウンテン

コーヒーエメラルドマウンテンは、コロンビアの高級コーヒーです。
エメラルドマウンテンの基準を満たすためには、
・サイズの大きい豆
・欠点が少ない
・バランスのとれた味
・クリアな味
・良いアロマ(香り)
・ボディー(コク)は濃くも薄くもなく、バランスが良い
など、すべて満たさなくてはいけません。

コーヒーエメラルドマウンテンを一言で表すと、
「バランスの良い味」
だそうです。

その分、細かい選別と入念なチェックを必要とし、
コーヒーエメラルドマウンテンの「バランス感」に辿り着くまでに、
相当の時間がかかっているそうです。

それだけではありません、
選別後も、今度は「品質」がしっかり合っているかのチェクが入り、
その「品質保障」が付きます。
ですから、エメラルドマウンテンは高品質のコーヒーなのです。

 

 

 

3. エメラルドマウンテンの存在すら知らない現地物語

細かい選別、入念なチェック、気の遠くなるような時間をかけて、
認定されるコロンビアが誇るコーヒーエメラルドマウンテン、

さぞ、現地コロンビアの人にも人気高いコーヒーなのだろうと思い、
コロンビアでの人気度を聞いてみたところ、
思ってもいない回答が返ってきました…。

コロンビアでは、エメラルドマウンテンは飲まれていないそうです。
それどころか、そもそも、その存在自体を知らないとの事でした。

なぜなら、高品質のコーヒー豆の殆ど全てを海外へ輸出してしまうため、
海外にいる私たちがエメラルドマウンテンを飲む事があっても、
生産者であるコロンビアの人たちには残らないそうです。

例え、知っている人がいるとしてもごくわずかの人のみで、
コロンビア人は恐らく、見た事もないそうです。
そして、市場にも恐らく出ていないだろう、との事でした。

高品質のコーヒーエメラルドマウンテンはあくまでも海外用であり、
海外にいる私たちのために作られています。
その中でも、日本は消費が高い方の国だそうです。

バランスのとれた高品質コーヒーのエメラルドマウンテンは、
コロンビア現地の人により作られ、その味、その存在すら知らないまま、
海外にほぼ全て輸出してしまうのも、その方が圧倒的に、
コロンビアのコーヒー生産者たちの生活向上に繋がるからなのですね…。

 

 

 

4. 日本の私たちへメッセージ

FNC(コロンビアコーヒー生産連合会)の、
コーヒーマネージャーアレックスさんから、
日本の私たちに向けて貴重なメッセージを頂きました。

03

 

 

 

 

 

 

 

 
「コーヒーの世界を試してください、
コーヒーは人によって作られたものなので、
美しい物語が入っています。」

「コロンビアの中にも、
さまざまなコーヒーがあります。」

「徐々に試して行くとで、
最終的に自分好みのコーヒーに辿りつきます。
時間はかかるだろうけど、きっと楽しいと思います」

 

 

 

5. まとめ

少し前のインタビューで、
「コロンビア人は今あるものに感謝の気持ちを持って幸せに暮らす国民」
と聞いたのを思い出しました。

例え、エメラルドマウンテンを飲む事がなくても、
例え、エメラルドマウンテンの存在を知らなくても、

コロンビア国内で今飲めるコーヒーがあれば、
そのコーヒーに感謝の気持ちを持ち、
「今」を幸せに暮らしているのかも知れません。

そんなコロンビアの人たちが作るエメラルドマウンテン、
私たちが飲む時も、生産者に感謝の気持ちを持って飲みたいですね。

最後に、コロンビアのコーヒーインタビューに快諾してくださった、
FNC(コロンビアコーヒー生産連合会)のコーヒーマネージャーアレックスさんに、
当サイトから心より感謝申しあげます。

 

 

 


あわせて読みたい


コロンビア大使館からの紹介を受けコロンビアコーヒーインタビュー実現!

FNCで「コロンビアコーヒーについて」インタビュー!

著名人から映画まで!思わずうなずきたくなるコーヒー名言セレクト集

コーヒーカフェイン含有量ランキング公開!「効果時間」「安全量」についても詳しく

コーヒー豆の生産国別、日本人気ランキング

コーヒー圧巻の健康効果!病気知らずを目指すコーヒー13コのメリットとは?

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA