美味しく飲むためのコーヒーの賞味期限はどれぐらいか?

%e5%86%99%e7%9c%9f1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

賞味期限を気にせずに、
コーヒーを飲んでいる人は少なくありません。

また、賞味期限があることを知らずに、
コーヒーを飲んでいる人もいるようです。

このように、
コーヒーの賞味期限は意外と認知されていませんが、
美味しくコーヒーを飲むためには、

賞味期限を守ることが大切になってきます。

今回は、美味しくコーヒーを飲むために、
コーヒーの賞味期限や長持ちの秘訣を解説していきます。

また、賞味期限の切れたコーヒーは、
飲んでも大丈夫なのか?

飲めなくなったコーヒーの
有効活用術などもお伝えしていきます。

 

1.消費期限と賞味期限の違いとは

食品や食材を安全に美味しく食するために、
食品衛生法やJAS規格に基づいて、
「消費期限」と「賞味期限」が定められています。

消費期限とは、安全に食することができる期限であり、
賞味期限とは、美味しく食することができる期限を示しています。

消費期限は、5日以内に品質が劣化し、
短期間に食すべき食品や食材に設定されます。

例えば、
弁当、惣菜、食肉、生菓子、生めんなどです。

賞味期限は、5日を超えて保存することができて、
中・長期間にわたって食することが可能な食品や食材に設定されます。

例えば、缶詰、カップ麺、ペットボトル、スナック菓子などです。

では、コーヒーに設定されるのは消費期限なのでしょうか?
それとも、賞味期限なのでしょうか?

コーヒーは5日を超えて保存することができて、
長期間にわたって食することができるので、
賞味期限が設定されます。

では、コーヒーの賞味期限とは、
どれぐらいなのでしょうか?

 

2.コーヒーの賞味期限はどれぐらいか?

コーヒーの賞味期限は、
コーヒーを美味しく飲むために設定された期限であり、
コーヒー豆や粉などの状態によって、異なってきます。

 

2-1.コーヒー豆の賞味期限

コーヒー豆は焙煎された後、
下表のような経時変化を起こします。

 

%e8%a1%a81

焙煎されてから3日ぐらいまでは、
コーヒーとしての香りはあまり感じられませんし、
コクや苦みなどの味もあまり出ていません。

焙煎後3日以上経過すると、
コーヒーとしての味や香りが出てきて、
1週間ぐらい経過すると、
コーヒーとしての味や香りが良い状態になります。

それ以降は、
コクや苦みなどの味は深まっていきますが、
香りは低下していきます。

そして、2~3週間ぐらい経過すると、
酸化が進むことによって香りがなくなり、
コクや苦みが目立つ美味しくないコーヒーとなってしまいます。

このような経時変化を起こすため、
焙煎されたコーヒー豆の賞味期限は、
焙煎されてから2~3週間とされることが多いですが、

コーヒー豆の種類や焙煎の状態によって、
賞味期限を1ヶ月としているケースもあるようです。

コーヒー豆の賞味期限は、
コーヒー豆を買った店などで確認するようにしましょう。

 

2-2.コーヒー豆を挽いて粉にしたときの賞味期限

コーヒー豆を挽いて粉にした状態は、
挽く前よりも酸化しやすくなっており、
明確に賞味期限が決められているわけではありませんが、
数日~1週間ぐらいと言われています。

 

2-3.インスタントコーヒーの賞味期限

インスタントコーヒーは、
賞味期限が1ヶ月ぐらいとなります。

但し、インスタントコーヒーは乾燥した状態になっており、
お店で買った未開封状態を維持したままならば、
賞味期限が2~3年ぐらいになると言われています。

 

 

 

3.賞味期限の切れたコーヒーは飲んでも大丈夫なのか?

よく賞味期限の切れたコーヒーは飲んでも大丈夫なのか?
という声を耳にしますが、
前に説明したように、コーヒーの賞味期限は、
コーヒーを美味しく飲むために設定された期限であり、
賞味期限が切れたコーヒーを飲んだからと言って、
害があるということを示しているものではありません。

そのため、賞味期限が切れても、
飲んではいけないというものではありません。

但し、賞味期限が切れたコーヒーは、
酸味が強くなったコーヒーとなり、
美味しいコーヒーとは別物になってしまうことがあります。

飲むかどうかは各個人の判断になりますが、一般的な考え方として、
賞味期限が切れてあまり日数が経過していない場合には、
飲んでも構わない思いますが、
賞味期限が切れてから日数が大きく経過している場合には、
飲まない方が良いと言えるでしょう。

また、コーヒーの保存状態にもよりますが、
賞味期限が切れてから日数が大きく経過している場合には、
酸化が進んでカビなども発生していることもあるため、
飲むときには十分に注意する必要があります。

 

 

 

4.コーヒーを長持ちさせるための秘訣とは

4-1.コーヒーを劣化させる要因

賞味期限を守って、コーヒーを美味しく飲むためには、
少量ずつ購入することが一番良いのですが、
安く購入することや、買いに行く手間を考えると、
現実的には難しいかもしれません。

そこで、コーヒーを長持ちさせることが大切になってきます。

コーヒーを劣化させる要因として、
・酸素
・温
・湿度
に注意する必要があります。

酸素によって、コーヒーが酸化されることになり、
酸味が強くなってしまいます。

また、温度が高いところに放置しておくと、
コーヒーが劣化の進行が速くなります。

さらに、湿度が高いところでは、
湿気によりカビが発生する原因となります。

このようなことから、コーヒーは、
・高温多湿の場所には置かない
・できるだけ空気に触れないようにすう
ことが大事になってきます。

 

4-2.コーヒーを長持ちさせるための保存方法

コーヒーを長持ちさせるためには、
高温多湿ではない場所に保存するのが良いですが、
冷蔵庫や冷凍庫が最適な場所となります。

また、コーヒー豆や粉を冷蔵庫に保存する場合には、
買ったときの入れ物のままではなく、
酸素に触れないように、密封できる容器に入れ替えることも重要です。

①冷蔵庫に保存する場合
コーヒー豆や粉を2~3週間ぐらいで使いきる場合には、
冷蔵庫に保存すれば良いでしょう。

密封できる容器に入れて、冷蔵庫に保存することにより、
美味しくコーヒーを飲むことができます。

開封したインスタントコーヒーの場合も、
密封できる容器に入れ替えれば、冷蔵庫に保存することで問題ないのですが、
買ったときの入れ物のままで使っているケースがよく見受けられます。

この状態で冷蔵庫に保存すると、
湿気が生じやすくなります。

インスタントコーヒーを買ったときの入れ物のままで使う場合には、
冷蔵庫に保存せずに、食器棚などの冷暗場所に保存する方が好ましいと言えます。

その場合でも、蓋をしっかり閉めることと、
中の封のラベルを全部剥がすなどして、
できるだけ湿気が生じないように心がけることが大切です。

②冷凍庫に保存する場合
コーヒー豆や粉を長期間保存したい場合には、
冷凍庫に保存することが良いとされています。

冷凍庫は、冷蔵庫以上に、
コーヒーの劣化を抑えることが可能です。

冷凍庫に保存する場合には、
コーヒー豆や粉を1回で使い切る分に小分けして、
密封容器に入れて保存することが重要です。

冷凍したコーヒー豆や粉を常温に戻す場合には、
最初から常温で保存していたものよりも、
常温となってからの劣化が速くなると言われています。

また、一旦外気に触れると、
気温差で結露が発生するなど湿気が生じやすい状態になります。

そのため、冷凍庫に保存する場合には、
1回で使い切る分に小分けして保存するようにしましょう。

冷凍庫に保存したとき、
焙煎されたコーヒー豆の賞味期限は1~2ヶ月ぐらい、
コーヒー豆を挽いて粉にした状態の賞味期限は2~3週間ぐらい
インスタントコーヒーの賞味期限は1~2ヶ月ぐらい
常温のときよりも長持ちすると言われています。

 

 

 

5.飲めなくなったコーヒーの有効活用術

賞味期限が切れたコーヒーの味が強くて飲めなくなったときには、
捨てるしか方法がないのでしょうか?

調べてみると・・・、
飲めなくなったコーヒーの有効活用術というのは、
意外とあるものです。

 

①食べ物に活用
コーヒーの粉を使って、
コーヒー風味のパンやお菓子を作ることができます。

コーヒーをゼラチン状にして、
コーヒーゼリーを作ることもできます。

コーヒーの粉を調味料の1つとして、
カレーなどの隠し味に使われることがありますが、
カレーのコクを出すための秘訣とも言われています。

 

②消臭剤として活用
コーヒーには消臭効果があるため、
穴を空けた袋などにコーヒー豆や粉を入れて、
冷蔵庫やトイレの消臭剤として使われることがあります。

同じような使い方で、
服や靴の脱臭に利用されることもあります。

煙草の吸殻や生ごみなどにコーヒー粉を入れて、
強力な臭いを消すための消臭剤として、
使われているケースも見受けられます。

 

③手洗いに活用
生臭い食材を料理した後などは、
なかなか手から臭いが消えませんが
石鹸で手を洗うときにコーヒーの粉を混ぜることで
生臭さを消すことが可能になります。

 

④ガーデニングに活用
コーヒーの粉を土に混ぜることで、
肥料や害虫駆除の効果があると言われています。

 

 

 

6.まとめ

コーヒーの賞味期限は、
コーヒー豆や粉などの状態によって異なっています。

また、密封できる容器に入れて、
冷蔵庫や冷凍庫で保存することによって、
長持ちさせることも可能になります。

賞味期限のことがわかって、長持ちさせる秘訣を知っておくことは、
美味しくコーヒーを飲むために、非常に有効であると思います。

また、飲めなくなったコーヒーの有効活用術を把握することは
コーヒーを大切に扱うことになりますし、
コーヒー愛好家ならば、知っておいてもらいたいことです。

このようなことを正しく理解した上で、
美味しくコーヒーを飲みましょう。

 

 

 


あわせて読みたい


コーヒー豆の生産国別、日本人気ランキング

なぜコーヒー豆の最良の保存方法は「冷凍」でなく「冷蔵」なのか

コーヒーを飲んで幸せと健康になれる一日の適量とは
「コーヒーを飲むと薄毛になる」は本当かウソか化学的に解説

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA