シミを予防し白い肌を手に入れる美白コーヒー5つのポイント!

%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%921

シミがあるだけで見た目年齢を
3歳以上老けさせるといわれています。

私たちは現代社会で暮らしていると、
日々、見えないストレスをため込んだり

外の強い紫外線を浴びつづけたりしています。

そして徐々にたまっていく体内の活性酸素が元で
メラニンを作ってしまい

ふと鏡を見ると今まで無かったシミが増えていて、
ショックを受けたことはないでしょうか?

そこで、そんな私たちの救世主となって、
飲むだけでシミを予防してくれるのがコーヒーです!

コーヒーの中に含まれているクロロゲン酸は、
天然の美白成分と言っても過言ではないでしょう。

当サイトでは、
クロロゲン酸を最大限に抽出し、
美白効果の高いコーヒーを作るために

どんなコーヒー豆を選び
どのようにして入れればよいのか 詳しく解説しました。

最後まで読み進めていただくと、
天然美白コーヒーを作れるようになるので、
毎日のむことでシミを予防し、
白く美しい肌を手に入れることが期待できます。

 

1. 美白効果で注目されるコーヒークロロゲン酸

クロロゲン酸とはコーヒーなどの農作物に含まれる
ポリフェノールの一種です。

コーヒーの生豆に多く含まれており、
カフェインと並ぶコーヒーの主要成分です。

クロロゲン酸には
・ガン
・糖尿病
・動脈硬化
などの予防に有効的であるという研究発表が、
近年、数多く発表されるようになりました。

その他、美容アンチエイジング対策としても、
更に注目を集めています。

ここでは特に美容アンチエイジング対策としての
美白効果
・シミ予防
について詳しく解説していきます。

 

 

2. シミができるまでの流れ

まず、
シミができる原因はいろいろありますが、
ここでは特に、ストレスをためたり紫外線を浴びたりして、
シミができるまでの大まかな流れを
簡単な図でまとめたのでご覧ください。

01
次に、シミができるのまでの流れを
上の図の番号に沿って説明していきます。

 

①紫外線をあびる・ストレスをためる

紫外線には私たちの体にとって有害な物質が含まれています。
また、ストレスもためつづけると、
体内で病気などの有害なものに変わります。

 

②活性酸素が発生

活性酸素は体内に入り込んで来た菌を攻撃し、
その害が及ばないように守ろうとする働きがあります。
よって、私たちが紫外線を浴びたり、ストレスをためたりすると、
その中に含まれる有害物質から守ろうとして 大量の活性酸素が発生します。

 

③メラニンが作られる

活性酸素も適量であれば害から守ってくれますが、
大量に発生すると逆に肌細胞にダメージを与えます。
このダメージから肌を守るため、今度はメラニンがたくさん作られます。

 

④シミができる

メラニンも適量であれば新陳代謝で排出されていきますが、
たくさん作られてしまうと新陳代謝が追いつかず肌に残留し、
それがシミとなってしまうのです。

 

 

 

3. なぜコーヒーに美白効果があるのか?

3-1. 抗酸化作用

「人はもともと、活性酸素の働きを制御する酵素を持ち、
容易にその害に触れないようになっています。
コーヒーに含まれるクロロゲン酸という成分も、この酵素と同じ作用があります。」

難波亘雄・富士医科薬科大名誉教授の言葉より引用)

つまり、コーヒーのクロロゲン酸が、
「酸化」の原因となる「活性酸素」を除去してくれるのです。

 

3-2. メラニン生成を抑制

コーヒーのクロロゲン酸をたくさん摂取すると、
活性酸素を除去してくれるので、
その後のメラニンが作られる流れを遮断してくれます。

お茶の水大学の近藤教授によると、
クロロゲン酸には、約30%メラニンの生成を抑える働きがある
という研究結果が出たそうです。

よって、コーヒーを飲む事でシミを防止し、
美白効果が期待できるのです。

 

 

4. 天然美白成分クロロゲン酸を抽出する5つのポイントとは?

 

ポイント① 焙煎について

コーヒークロロゲン酸は熱に弱いという大きな特徴があります。

よって、まだ焙煎していない状態の
コーヒー「生豆」に最も多く含まれています。

クロロゲン酸をたくさん摂取して美白効果を得るには、
コーヒー豆は浅煎りを選ぶようにしましょう。

浅煎り⇒中煎り⇒深煎り

と進むにしたがって、加熱時間が長くなるため 、
それに比例してクロロゲン酸の量も減少していくためです。

 

ポイント② 抽出温度について

クロロゲン酸は熱に弱いことから、
抽出の際のお湯の温度は沸とうする前の
85℃~95くらいで入れると良いでしょう。

 

ポイント③ 抽出速度について

クロロゲン酸をたくさん摂取したい場合、
コーヒーを入れる速さにも注意が必要です。

クロロゲン酸は抽出速度がゆっくりであればあるほど、
たくさん抽出されるという特徴があります。

一気にお湯を注ぎコーヒーを入れてしまうと クロロゲン酸をたくさん抽出できないので、
コーヒーを入れる時はなるべくゆっくり入れ、
クロロゲン酸をたっぷり抽出しましょう。

 

ポイント④ 抽出の道具について

抽出する道具は、
サイフォン、ペーパードリップ、コーヒーメーカーで比較検討したところ、
クロロゲン酸をたくさん抽出することにこだわるならば、
抽出する道具は
・サイフォン ・ペーパードリップ
のどちらかで良いでしょう。

どちらもクロロゲン酸の量にあまり差がありません。

コーヒーメーカーで抽出すると、
クロロゲン酸の含有量の程度が低くなります。

 

ポイント⑤ 抽出用の水

硬水よりも軟水の方が適しています。

また、蒸留水でもクロロゲン酸含有量はほとんど変りません。

よって、抽出用の水は
・軟水
・蒸留水
のどちらかで良いでしょう。

 

 

 

5. クロロゲン酸が豊富なコーヒー豆ランキング!

クロロゲン酸が豊富なコーヒー豆ランキングを紹介します。

最も多かったのはモカ・シダモでペーパードリップです。

尚、コロンビアとマンデリンは同じで3位です。

02

ランキング表尚絅学院大学論文
「コーヒーの中のクロロゲン酸量に及ぼす焙煎時間および抽出条件の影響」
の内容を当サイトでまとめランキング表にしました。

 

 

 

6. クロロゲン酸にこだわるメリット・デメリット

6-1. メリット

クロロゲン酸をたっぷり抽出したコーヒーを飲む事で
・美白効果
・シミ予防
・ガン
・糖尿病
・動脈硬化
などを期待、または予防できる可能性があるので 美容面でも、健康面でも
私たちの体にさまざまなメリットを与えてくれます。

また、コーヒークロロゲン酸にはこの他にも 、
ダイエット効果も期待できるといわれており、
「美容」「健康」「ダイエット」の
トリプル効果が期待できる優れもの成分でもあります。 

 

6-2. デメリット

クロロゲン酸が熱に弱いという特徴から、
浅入り豆を選んだ方が良いので、
コーヒーの深みを味わいたい人にとっては
少し物足りなさを感じるかもしれません。

 

 

 

7.  クロロゲン酸たっぷり美白コーヒーの作りかた5ステップ

☆ステップ①
コーヒー豆は「モカ・シダモ(浅煎り)」を選ぶ
  または「浅煎りコーヒー豆」を選ぶ

☆ステップ②
軟水または蒸留水を用意する

☆ステップ③
用意した水を85℃~95℃の間の熱湯にする

☆ステップ④
熱湯をなるべくゆっくり注ぐ

☆ステップ⑤
ペーパードリップで抽出する

以上でクロロゲン酸たっぷり美白コーヒーの完成です!

 

 

 

8. コーヒー美白効果を得るための一日の適量

コーヒーには確かにクロロゲン酸が含まれていますが、
それと同時にカフェインも含まれています。

カフェインの摂りすぐは中毒を引き起こす可能性もありますので、
一日の適量としては3杯程度を目安にしておきましょう。

 

 

 

9. まとめ

ここでは、コーヒーの天然美白成分である、
クロロゲン酸に特化して、
コーヒーを飲みながらシミを予防し美白効果を手に入れるための
細かいポイントを色々な角度で解説してきました。

「コーヒーは健康に良い」という研究発表が有名ですが、
実は美白効果も期待でき、
コーヒーを毎日飲んでいる人にシミが多い人は少ない
といわれるくらいです。

あくまでも美白にこだわってコーヒーを飲むのなら、
クロロゲン酸をたっぷり抽出したコーヒーを毎日飲むことを
オススメ致します。

 その場合の大まかなポイントは 「浅煎り」「軟水」「95℃」「ペーパードリップ」
この辺をしっかり押さえておくと良いでしょう。

※参考図書:「もっと知りたいコーヒー学」

※参考文献: 尚絅学院大学

「コーヒーの中のクロロゲン酸量に及ぼす焙煎時間および抽出条件の影響」

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA